3位西武が4位楽天に逆転勝ち、2位ロッテと2ゲーム差 辻監督は通算300勝

西日本スポーツ

 ◆西武4-3楽天(27日、メットライフドーム)

 逆転でのクライマックスシリーズ(CS)へ、4位楽天との一戦は絶対に落とせない。その執念を見せた。2点を追う5回1死二、三塁。森は則本昂の失投を逃さなかった。甘く入った真っすぐを完璧に捉える。「手応えバッチリでした」という打球はバックスクリーン右へ一直線。15日の日本ハム戦以来のアーチは値千金の9号逆転3ランとなり「光成(高橋光)を援護できてよかった」と喜んだ。

 相手エース則本昂をチームは今季対戦3試合で防御率5・14と打ち込んでいた。だが、初回に外崎の左前打で先制後の追加点が出ない。逆転も許しただけに、森の一発で相手に傾いた流れを完全に取り戻した。

 先発の高橋光は10月4試合目の登板で初失点を喫したが粘りの投球を見せ、7回を被安打4、3失点。「よそゆきの投球ではなく自分のピッチングをしていくこと」と言い聞かせて臨んだマウンドで試合をつくった。そして2位ロッテと再び2ゲーム差。辻監督はチーム史上6人目の通算300勝となった。537試合での達成は三原脩の530試合に次ぐ同史上2番目の早さだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング