ソフトバンク投手力の勝利 はね上がった数字「79%」

西日本スポーツ

 ソフトバンク工藤監督は過去優勝した15、17年は防御率がいずれもリーグ1位。今年もトップで、25日に開幕直後を除いて今季初めて3点台を下回っており、初めてシーズン通算2点台でゴールする可能性も出てきた。

 昨年0勝または未加入だった石川、ムーア、笠谷が計18勝を挙げるなど顔ぶれが変わった先発陣が躍進。先発防御率は6月が5点台、7月は4点台と前半こそ苦しんだが10月は1点台で白星を量産した。チーム66勝のうち先発が挙げた白星が約79%の52勝。優勝を逃した18年は68%、19年も67%で、過去2年との比較で約10ポイントもはね上がった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ