雄たけび上げたソフトバンク岩崎の思い「本来なら嘉弥真か高橋礼」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-1ロッテ(27日、ペイペイドーム)

 7回に2番手で登板した岩崎がピンチを切り抜けた。

 1死から清田に二塁打を浴び、続く菅野には四球。一発同点の場面を背負ったが、田村を三直に打ち取り、最後は代打の角中をフォークで空振り三振に仕留め、マウンド上で大きな雄たけびを上げた。「優勝の懸かったこの試合は本来なら嘉弥真か高橋礼が投げるイニングだと思っていた。絶対に0点で抑える気持ちで投げた」と首脳陣の起用に気合で応えた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ