千金弾のソフトバンク甲斐 球団捕手で2年連続10発以上は城島以来

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-1ロッテ(27日、ペイペイドーム)

 勝てばリーグVの一戦で甲斐が攻守に躍動した。

 バットでは1点リードの6回2死三塁、石川の高め真っすぐをたたいて左翼席へ10号2ラン。「高めの球だったがうまく反応できた」。球団の捕手の2年連続2桁本塁打は、2001年から5年連続でマークした城島以来。メモリアル弾で優勝を引き寄せると、3点リードの8回にもダメ押しの左翼線適時二塁打を放ち、2安打3打点だ。リードでも先発和田の好投を引き出し、笑顔でVセレモニーに参加した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ