鷹V支えた周東&栗原がぶっちゃけ…苦悩と手応え、将来像、結婚まで

西日本スポーツ 山田 孝人

 ◆ソフトバンク5-1ロッテ(27日、ペイペイドーム)

 3年ぶりのリーグ優勝は次代のソフトバンクを担うべき若手の活躍抜きには語れない。周東佑京内野手(24)は持ち前の俊足に加え打力もアップさせ、盗塁王争いでトップをひた走る。開幕スタメンを勝ち取り不動のレギュラーへの大きな足がかりを築いた栗原陵矢捕手(24)もポイントゲッターとして躍動した。堂々の戦力としてV奪回を成し遂げた2人の2020年を、口角泡を飛ばしてもいいようにオンラインでぶっちゃけて振り返ってもらった。 (聞き手・構成=山田孝人)

 <シーズンを通して工藤監督が強調した「結果重視」の方針の下、周東は70試合、栗原は109試合にスタメンで出場した。その上で初めて味わうリーグ優勝。2人は満足そうに笑みをたたえた>

 周東 スタメンでここまで出られるとは。一年間、戦う苦しさを経験できた。優勝する中でいい経験ができた。クリは?

 栗原 自分も本当に、ここまでできるなんて思っていなかったです。優勝した中、いろんな経験をさせてもらいました。

 <プライベートでもともに出かけることも多く親交が深い2人。レギュラーを目指し、2月のキャンプから刺激し合いながらアピールを続けたことも共通項だ。お互いをどう見ていたのか>

 周東 どのポジションでもいいから取る、絶対に試合に出るという、今年に懸ける強い思いを感じた。キャンプでも捕手の練習も全て、すごい頑張っていた。今年はやるぞ、という気持ちがものすごく見えていたな。

 栗原 キャンプの実戦で本塁打とかを見て、今年は周東さんはすごいなと思いましたよ。刺激にもなりました。僕も試合に出られるかどうかの立場なので、絶対に負けたくないと思っていた。

 <ペナントレースでは課題を露呈した部分もあった。周東は失策した後のベンチで涙を流し、栗原は不振に陥った9月26日に開幕からの連続出場が途切れた。どう乗り越えたのか。お互いのことはどう見ていたのか>

 栗原 人のことを見られる余裕はなかったですよ。つらい時期とかあったんですか?

 周東 あんまりないかな。つらいというか、自分でどんどん考えこんでいただけなので。

 栗原 自分は山あり谷ありで、良い時もあれば悪い時もあった。そういう経験が僕自身も初めてで。いろいろ考えて、やって、でもうまくいかないこともあった。乗り越えたというか、でもやるしかない立場なので。必死に練習しただけ。

 周東 自分は勝手にどんどん考えて駄目になっていくことが多かったから。今年は特にね。

 栗原 どう対処を?

 周東 切り替えの大事さを痛感した。パッとできたこともあれば、時間をかけて考えてできたこともあった。でも、昨年ほど引きずらなくなったかなと思う。クリは打てなかったら考えて、すぐに練習でやったりする姿をすごい見ていたので。野球に向き合う姿勢が一番すごいと感じたよ。

 <後半戦はそろってスタメンに名を連ねる試合が増えた>

 栗原 いろんな話をしやすかった。試合の後も前もそうです。気軽に話ができる先輩なので。ありがとうございます。

 周東 自分もいろいろ話せるので助かったよ。一緒に試合に出ていると気持ちも楽になった。

 <優勝に貢献して得た自信は大きい。ホークスの将来を担うべき2人は未来予想図をどう描いているのだろう>

 栗原 長くレギュラーとしてやりたい。今年ちょっと出たから来年も、と確約されているわけではない。本当に毎年が勝負。毎年、結果を残していきたい。

 周東 捕手は?

 栗原 今の段階では考えられていない。こだわりというか、まず試合に出たい気持ちが一番。周東さんは?

 周東 昨年に比べ内野手で出られたが、もっと安心して任せてもらえるように。試合に出られたといっても、二塁でのスタメンは(チームの試合の)半分も出られていない。牧原さんも(川島)慶三さんもいる中、もっと周東を出したいなと思ってもらえるようになりたい。

 <プライベートでは周東は6月に結婚。公私ともに充実の年となった。そんな幸せな男は、独身の後輩に伝えたい甘い生活があるようだ>

 周東 もうね、まずは帰ると家に電気がついてる。これがうれしい。それで「お帰り」と声が聞こえて、「ただいま」となるわけですよ。

 栗原 何かこう…、ね。本当に幸せ自慢ですよねえ、それねえ(笑)。

 周東 それで「ご飯ができてるよ~」ってなって、温かいご飯が家で食べられるわけですよ。自分が落ちこんでいる時も声を掛けてくれて。心が澄んでいくんだよ。

 栗原 願望はあるんですよ(笑)。でも、多分僕、できないんじゃないかな。駄目っすわ。めんどくさがりやし。一人の時間が好きなんで。いいなとは思うんですけどね。遠征から帰ってきた時にいてくれたりするといいと思うけど。まあ…、(周東家へ)遊びにいきますよ(笑)。

 <周東には育成ドラフト出身で初となる盗塁王の期待がかかる。クライマックスシリーズ、その先には4連覇を目指す日本シリーズもある。節目を迎えても鼻息は荒い>

 栗原 周東さんには本当にどこまでも駆け抜けてほしいですね。

 周東 (盗塁王は)ここまできたら取らないといけない。何度もチャンスがあるわけではない。狙える時にいきたいな。栗原は大舞台に強そうだから。いい場面で打ってくれると思うな。

 栗原 何を見て大舞台に強いって言うんですか。

 周東 まあ、栗原の舞台になるんじゃないかと思ってますよ。

 栗原 何言ってるか分かんない(笑)。

 周東 分かるだろ! だって今季の開幕戦はおまえのサヨナラ打で始まってるんだからな!

 栗原 もう、むちゃくちゃや…。

 周東 栗原に始まり栗原に終わる一年になると思うよ(笑)。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ