平石コーチ「葛藤あった」楽天を離れソフトバンク入りして見えたもの

西日本スポーツ

ひと:ソフトバンク平石洋介1軍打撃兼野手総合コーチ

 昨年は楽天の監督として3位に導き、今季からソフトバンクに加入した。卓越した指導で若手の底上げなどに尽力するなどして、3年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献。本拠地での優勝の瞬間、心底うれしそうに目を細めた。

 監督を務めた翌年に同一リーグの他球団で指導者となるのは異例だ。現役時代、引退後はコーチとして、プロでのキャリアは全て仙台で積み上げてきた。「葛藤もあったし、悩んだ」。現場からは離れるつもりだったが、新たな挑戦に自身を突き動かしたのは、故郷九州のチームの強さを一野球人として「知りたい」という強い思いだった。

 脈々と続く常勝のDNAを改めて認識した。「かつては小久保(裕紀)さんがシートノックでもボール回し一つでも、先頭できびきびとやる姿があった。ものすごくいいなとずっと感じていた。そういう(姿勢が)受け継がれていることは間違いない」

 一方で、中に入って初めて見えたものもあった。厚い選手層が優勝の原動力だったとはいえ「若い選手がどんどん出てこないと苦しくなるのではと、正直感じる」。だからこそ、今季は若手を重点的に指導した。喜びに浸るのはつかの間。常勝軍団に迫る懸念を解消するためにも、立ち止まってはいられない。

 中学へ進むタイミングで野球留学。大阪・PL学園高で主将を務め、同大、社会人を経て楽天入りした。九州を離れてからの時間が長くなっても思いは一貫している。「生まれ育った所。それを忘れたことは一度もない」。大分県杵築市出身。妻と1男2女。40歳。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ