「やられた感じだった…」ソフトバンク森“リベンジ”の連投29セーブ目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2ー0ロッテ(28日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク守護神の森が今季29個目のセーブを挙げた。

 2点リードの最終回に登板。先頭の安田を二ゴロに打ち取り、清田に中前打を許したが、続く代打の井上からカーブで空振り三振を奪うと、最後は田村を三ゴロに仕留めた。

 リーグVを決めた前日の27日は1イニングで39球を要した。「昨日は球数も多く、チームは勝ったが自分はやられた感じだった。今日は走者を出したが、しっかり勝つことができてよかった」。連投でしっかり仕事を果たした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ