ソフトバンク栗原15戦ぶりの一発は「久しぶりにいい角度」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-0ロッテ(28日、ペイペイドーム)

 栗原が、15試合ぶりとなる今季15号ソロを放った。

 互いに無得点のまま迎えた5回。先頭で打席に入ると、チェン・ウェインの投じた4球目の甘いスライダーを捉え右翼席に運んだ。「久しぶりにいい角度で打つことができました。なかなかチャンスがつくれない中、先制点を取れてよかったです」。3年ぶりのリーグV決定から一夜明けての一戦は、4回まで柳田の内野安打1本のみと打線が沈黙していたが、今季ブレークした若タカが貴重な一発で先制点をもたらした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ