ソフトバンクが優勝翌日に主力を並べた意味/柴原洋

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-0ロッテ(28日、ペイペイドーム)

 優勝を決めた翌日ながら、ベンチは主力メンバーをしっかり起用して臨んだ。チェン・ウェインとは初顔合わせの選手がほとんど。クライマックスシリーズ(CS)で対戦する可能性がある。球筋を見たかっただろうし、その点は選手も意識していたはずだ。

 私は彼に「ずいぶん変わったな」という感じを持った。昔は力でどんどんねじ伏せるタイプだったが、ストライクゾーンの中でどんどん勝負して打たせて取る投球になっていた。先発は100球が交代のめどとされる米メジャーで、身につけたスタイルなのだろう。

 今回の対戦で、彼の投球パターンはある程度分かった。左打者には直球とスライダーが主で、右打者にはカーブやチェンジアップも織り交ぜてタイミングをずらしてくる。打線は「様子見」の部分もあったと思うが、選手はそれぞれのイメージが描けたはずだ。

 5回の栗原の一発は見事だった。スライダーを「待っていたのではないか」というポイントとタイミングの取り方で捉えた。失投気味の球だったとはいえ、しっかり仕留めたのは成長の証しと言える。いろんな意味で収穫があった試合だった。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ