15戦無敗のJ2福岡に守備不安、三国ケネディエブス先発で解消へ

西日本スポーツ

 J2アビスパ福岡の三国ケネディエブス選手(20)が29日、堅守の継続に貢献することを誓った。来月1日のアウェー磐田戦に向け、オンラインで会見。「無失点に抑えれば負けることはない。集中して取り組みたい」と誓った。

 磐田戦では、センターバックのドウグラスグローリが出場停止で、全試合に出場する守備の要の上島は、前節の千葉戦で負傷のために途中交代した。守備陣が不安を抱える中、ここまで13試合出場の三国がスタメン出場する可能性もある。

 磐田は元日本代表の遠藤保仁の加入で、チーム状態が上向いている。長谷部監督は「刺すようなパスがくるし、試合に落ち着きを出せる選手。FWの個人能力も高いし、注意すべき点はいくつもある」と気を引き締めた。

 15戦無敗を継続するチームは、出場機会が少なかった選手が出番をつかんで勝利につなげる試合も多かった。9、10月を無敗で乗り切り、J1昇格に向けて11月の初戦もペースを落とさずに走りきる。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング