ソフトバンク周東が福本豊を超えた!プロ野球新記録の12戦連続盗塁

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク・周東が12試合連続盗塁のプロ野球新記録を樹立した。初回に今季48個目の盗塁となる盗塁に成功。1971、74年福本豊のプロ野球記録を46年ぶりに更新した。

 「1番・二塁」でスタメン出場。初回に二塁内野安打で出塁すると、続く中村晃へ1ストライクからの2球目でスタート。ロッテ・美馬-田村のバッテリーは外角へ外し気味の一球だったが、悠々と二盗に成功した。

 福本はともにプロ野球記録のシーズン106盗塁、通算1065盗塁。シーズン記録、通算記録ともまだ遠く及ばない周東ながら、投手のクイックモーション、捕手の二塁送球技術が向上した現代野球で、およそ半世紀前の「アンタッチャブルレコード」を塗り替えた。

 またこれで月間22個目の盗塁となり歴代6位タイ。月間盗塁数のプロ野球記録は72年8月の福本豊の「27」。ソフトバンクはこの試合のほかに今月2試合を残しており、周東はどこまで迫れるか。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ