内村航平が新型コロナ陽性 来月の国際大会出場は経過観察後に判断

西日本スポーツ

 国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長らは29日、緊急の記者会見を開き、男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(リンガーハット)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たと発表した。

 発熱などの症状はないという。内村は11月8日に東京・国立代々木競技場で開催される国際競技会に出場予定だった。大会は予定通り開催する方向で、内村は今後、6日間の経過観察を経て、11月4日にPCR検査を実施。翌5日に検査を受けて陰性であれば、大会への出場は可能。

 競技会に出場する男女の日本代表は味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿中。今月21日と28日の2回、PCR検査を受け、内村は2回目の検査結果で陽性が判明した。五輪強化拠点のNTCで活動する選手の陽性は初めて。渡辺会長は「残念な結果だけど、経緯も冷静に見ていきたい」と話した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング