1点を追う9回裏ノーアウト一、二塁 工藤監督が栗原にかけた言葉は…

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4x-3ロッテ(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが1点を追う9回1死二、三塁、相手暴投の間に2者が生還して逆転サヨナラ勝ち。工藤監督は「まさかの結末だったので興奮してます」と目を見開いた。

 この回、先頭・柳田の二塁打とグラシアルの死球で無死一、二塁。打席に向かう栗原に工藤監督が声を掛けた。

 試合後、報道陣の質問に指揮官は「(相手野手が)出てきたら打っていいぞと。(バント)シフトを敷く可能性もあったので、打って構わないぞという話をした」と説明した。

 結局、栗原は初球で送りバントを決めて1死二、三塁。実際にバスターで奇襲を仕掛ける場面はなかったが、サヨナラの場面につなげた。

 工藤監督は「捕手が(そらしたボールを)見失っているところもあった。(二塁走者の代走)釜元もナイス走塁だった。村松コーチも『いける』と(腕を)回していたのでナイス判断だった」と各人の状況判断を評価した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ