柳田級の超人? 鷹2位笹川の打球、野手は命の危険…「地面に飽きた」珍エピソードも

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 福岡ソフトバンクからドラフト2位で指名された横浜商高の笹川吉康外野手(18)が29日、福山龍太郎アマスカウトチーフらの指名あいさつを受けた。身長193センチで高校通算40本塁打の強打と俊足を併せ持つ超大型野手。常勝軍団が大器に寄せる期待は破格だった。

 甲子園出場経験がなく、全国的には無名ながら笹川の魅力について、福山チーフは「規格外。柳田2世というか、ひょっとしたら柳田よりもすごいのかな、と思わせる」と説明。リーグ優勝の原動力となった超人に例えた。

 193センチ、84キロの超大型野手で、高校通算40本塁打を誇る左の長距離砲。50メートルを6秒2で走るスピードも併せ持つ。横浜市にある学校で指名あいさつを受けた18歳は「少しずつ実感がわいてきた感じです」と顔をほころばせたが、そのポテンシャルは底知れない。

 技術面は粗削りながら、打球の速さや飛距離はすさまじい。福山チーフは「金属バットの(引っ張った)打球は、一塁手が命の危険を感じるほど」とした上で「(プロでは)50発をノルマにしてほしい」と強調。柳田も達成していないシーズン50本塁打を期待した。

 小学生時代から人間離れした身体能力の持ち主だったといい、横浜市内の公園での鬼ごっこで遊んでいた際には「地面に飽きたので、木から木に飛び移っていました」と笑う。さらにまねをした友人が「3人くらい骨折しました」というエピソードまで披露した。

 「わくわくと同時にプレッシャーもある。体が細いので、まずは1回り、2回り大きくしたい。崩されて完璧な当たりじゃなくても、ホームランにできる打者になりたい」。3学年上の兄家楽(からく)さんは歌手など芸能活動も行っており、弟も魅力的な選手に成長することを誓った。(伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ