目立たなかった色白男が、スカウトの目をくぎ付けに…恩師語る周東の原点

西日本スポーツ 長浜 幸治

 ◆ソフトバンク4-3ロッテ(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク周東が12試合連続盗塁のプロ野球新記録を樹立した。初回に今季48個目の盗塁となる二盗に成功。1971、74年福本豊のプロ野球記録を46年ぶりに更新した。

   ◇   ◇   ◇

 2011年に群馬・東農大二高に入学した周東の印象を、当時監督だった加藤秀隆教頭(58)は「とにかくきゃしゃで色白。もちろん足は速かったけど、目を見張るほどではなかった」と率直に振り返る。現在の脚力の基礎は高校時代に培った。

 午後7時に全体練習が終わると、居残りで盗塁のスタートや帰塁の練習などを反復。3年になるころには平凡な遊ゴロを内野安打にする脚力が身に付いたが、「実力的に野球を続けられるのか」との不安が消えず、高校で野球を終える考えもあったという。

 群馬県では「機動破壊」を掲げ、超積極的な走塁でかき回す高崎健康福祉大高崎高が台頭した時期。その状況でも、スカウトを「あれだけ速い選手はいない」とくぎ付けにしていたという。そのスピードでプロ野球の歴史を塗り替えた瞬間を目撃できたことに感謝したい。(ホークス担当・長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ