涙の引退試合 西武の元守護神・高橋朋「ブルペンでずっと泣いてた」魂の106キロで幕

西日本スポーツ

 ◆イースタン・リーグ 西武3x-2巨人(30日、カーミニークフィールド)

 今季限りで現役を退く西武の高橋朋己投手(31)が引退登板に臨んだ。

 2-2の9回に登板。おなじみの登場曲、E-girlsの「Follow Me」も流れる中、マウンドに上がった。モタを初球の106キロ真っすぐで遊飛に打ち取ると、松井2軍監督もマウンドに駆け寄り、ねぎらわれた。

 登板には家族のほか、ナイターのソフトバンク戦(メットライフドーム)を控えた1軍選手も多く集まった。

 試合後には松井2軍監督に促され、マウンド付近で胴上げされ10度宙に舞った。高橋朋は「みんなが来てくれたり、ファンの方が(球場の周辺に)来てくれたり、すごくうれしかった。心の底から感謝というか、ありがとうございましたという気持ちで投げた。ブルペンでずっと泣いていました」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング