競輪・21年前期適用級班

西日本スポーツ

 JKAは30日、2021年前期(1~6月)の適用級班を発表した。

 昇級班のボーダーラインは、A級→S級が91・26(142人が昇級)で、A級3班→2班が72・71(92人が昇班)。降級班のボーダーは、S級→A級が96・18以下(150人が降級)、A級1・2班→3班が79・63以下(120人が降班)。審査期間は今年1~6月。

 初のS級1班を果たしたのは17人。九州では中村圭志(熊本、86期)、森山智徳(熊本、98期)の2人が、昨年7月デビューの115期の中での初S1は高橋晋也(福島)、朝倉智仁(茨城)、坂井洋(栃木)の3人がそれぞれ昇級した。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング