ソフトバンクの次代サード候補「忘れられないように」今季2軍初安打

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク5-2阪神(30日、タマスタ筑後)

 3年目の増田が今季初スタメンで勝負強さを見せた。

 7番三塁で出場し、4回1死二、三塁から変化球を左前にはじき返しタイムリーとした。これが今季2軍戦初安打で、8回には内野安打をマークしマルチ安打。「忘れられないためにも、勝負強さを見せられて良かった」と笑顔だった。昨年11月の右手首手術の影響で、今季はこれまで2軍戦6試合の出場にとどまっているが、競争が激しい次代のサード候補として存在感を見せた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ