西武自滅 守備のミス続き3連敗でまたも2位浮上失敗 再び借金生活

西日本スポーツ

 ◆西武2-11ソフトバンク(31日、メットライフドーム)

 クライマックスシリーズ(CS)進出を目指す西武がソフトバンクに大敗。3連敗で2位浮上に失敗した。

 2位ロッテが4連敗で1ゲーム差に迫りながら、2連敗とお付き合いが続いた西武。負けられないこの試合も勝てなかった。初回、先発の十亀が2死満塁のピンチを招くと、明石に先制の左越え3点二塁打を浴びた。打球を追った左翼スパンジェンバーグも判断を誤り、頭を越された。

 2回は1死一、二塁から牧原に右越え2点三塁打を許した。こちらも右翼外崎が一度前進しかけたため、頭を越された。さらに森の捕逸でこの回3点目を失った。

 5回は十亀のワイルドピッチで二、三塁となったところで長谷川に2点タイムリーを浴び、7回にも1点を追加。9回の2失点も四球と暴投が絡んだ。打線は2点を返すのが精いっぱいだった。

 2位ロッテ、3位西武、4位楽天までが1・5ゲーム差内にひしめき、激しいCS争いを演じているなかで痛すぎる“自滅”だった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング