西武山川、今季絶望 右足首痛で出場選手登録抹消

西日本スポーツ

 西武の山川穂高内野手(28)が31日、右足首の治療に専念するため出場選手登録を抹消された。最短での再登録が可能となる11月10日にはレギュラーシーズンの全日程が終了しているため、3年連続本塁打王の可能性が消滅した。

 山川は8月9日の日本ハム戦(札幌ドーム)でスイングをした際に右足首を捻挫。その後も出場を続けてきたが、打率2割5厘、24本塁打、73打点と低迷した。辻監督は「前から話をしていたけど、見るに見かねて、本人がつらいだろうと。思うようなバッティングもできないし、バッティングを崩して結果も出ない。そういう姿を見ていると、こっちがかわいそうという話もした。それでも最後まで全うしたいというところだったけど、さすがにチームに迷惑をかけるという気持ちになったんだと思う。来年のこともあるし、しっかり来年からいけるように」と説明した。

 西武はクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性も残すが、辻監督は「難しいと思います」と話し、今季中の復帰は絶望的となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング