神村学園1年生左腕が粘投9回2死まで1失点 高校野球九州大会

西日本スポーツ

 ◆高校野球秋季九州大会第1日・1回戦 神村学園5ー1唐津商(31日、長崎県営野球場)

 神村学園の1年生左腕、内堀が唐津商打線を9回2死まで1失点に抑えた。

 毎回の9安打を許しながら、失点は4回に失策がらみで失った1点だけ。9回2死からエース泰に交代したため完投できなかったが「走者を出しても低めに打たせて取る投球でアウトを積み重ねていった」とカーブやチェンジアップで打者のタイミングを外して持ち味を十分に発揮した。

 小田監督は「10安打で完封するのが理想。内堀はよく投げた。合格点をあげたい」と頼もしい1年生の投球に目を細めた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング