昨年日本代表主将の久光・岩坂が「Vリーグ栄誉賞」リーグ230試合出場達成

西日本スポーツ

 バレーボールのVリーグは31日、1部女子の久光スプリングスに所属する岩坂名奈(30)が同日のヴィクトリーナ姫路戦で通算230試合出場を達成したと発表した。

 Vリーグが定める「Vリーグ栄誉賞」の表彰基準を満たし、試合前に花束が渡された。女子ではのべ21人目で、久光ではのべ4人目。ファイナル(決勝)が行われる来年3月に表彰される予定。

 福岡市出身の岩坂は東九州龍谷高(大分)卒業後の2009年にデビュー。13~14年シーズンから2季連続でベスト6に選ばれた。昨年は日本代表の主将を務めた。

 岩坂はクラブを通じて「ここまで続けてこられたのも応援してくださる皆さま、スポンサーの皆さま、チームのみんな、たくさんの方々のおかげです。ありがとうございます!」と感謝。今シーズンからチーム名が「久光スプリングス」に変更されたのを受けて「新たな歴史をつくれるように貢献し、感謝の気持ちを忘れずに前へと進んで行きたいと思います!」とさらなる出場を誓った。

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング