ドラ1山下舜平大の後継エース 快速左腕が無双の14K

西日本スポーツ 前田 泰子

 ◆高校野球秋季九州大会1回戦 福岡大大濠3―1大分商(1日、長崎県営野球場)

 九州大会の舞台で福岡大大濠のエース毛利が躍動した。大分商打線を1点に抑え14奪三振。打っては5回に適時二塁打で決勝点を挙げ、目標にしている甲子園へ最初の一歩を踏み出した。「三振はたまたま取れた。打ったのもたまたま」と控えめに笑った。

 「気持ちはMAXで入った」という初回の3者連続三振で幕を開けたが、順調な立ち上がりがかえって序盤の苦しさにつながった。「調子が良すぎた」と2、3回は力みからリズムが悪く、同点に追いつかれた。だがそこからが真骨頂。クイックモーションを入れるなど工夫しながら回を追うごとに調子を上げ、修正能力の高さを見せた。8回には相手の3、4番を連続三振に取るなどすっかり「無双」状態。自己最速タイの140キロをマークした伸びのある直球で三振を積み上げた。

 野球以外はすべて右利き。物心つく前から父から左での投げ方を教え込まれ、気付くと左投げになっていたという。小4時に左投げを買われ試合のマウンドに立ち、投手の面白さに目覚めた。高校では1年から公式戦のマウンドを踏み、オリックスから1位指名を受けた山下舜平大(3年)からエースナンバーを受け継いだ。「自分も舜平大さんに続いてプロになりたい」と夢を抱く。

 4強入りが懸かる準々決勝は連投になるが先発を志願。山下からも「頑張ってこい」と激励のLINE(ライン)が届いた。3年前、当時のエース三浦銀二(法大)が甲子園で投げる姿を見て福岡大大濠に憧れた。それ以来となる選抜切符をその左腕でつかみ取る。 (前田泰子)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング