「もう一度、全国大会で取り戻したい」昨年王者に雪辱、的中した作戦

西日本スポーツ

 全国高校駅伝(12月20日、京都市)の福岡県予選(西日本新聞社など後援)は1日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われた。今年は新型コロナウイルス対策として、たすきによるリレー形式ではなく、競技場のトラックを各区の選手がそれぞれ区間距離(男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロ)を周回して合計タイムで競う方式で実施された。男子は大牟田が2時間4分23秒51で2年ぶり39度目の優勝。女子は北九州市立が6連覇を狙った筑紫女学園を破り、1時間7分44秒48で6年ぶり6度目の優勝を飾った。全国大会出場は大牟田が3年連続43回目、北九州市立が2年ぶり10度目。今年の全九州大会は中止となった。

   ◇   ◇   ◇

 大牟田が昨年の王者自由ケ丘に雪辱した。6区を走った主将の林虎大朗(3年)は「昨年は自由ケ丘にずっと先を走られて負けた。だから、今年は絶対に前に出て戦う戦法でした」と明かした。

 作戦が的中した。1区こそ自由ケ丘に次ぐ2位だったが、2区以降は大牟田が先行し、5個の区間賞。少しずつタイム差を蓄積して快勝した。

 赤池健監督がたたえたのが4区の田中廉(同)。「ペースが落ちず淡々と走ってくれた。強かった」。田中が自由ケ丘に約34秒差をつけた時点で勝負がついた。

 大牟田は2017年に東海大福岡に連覇を31でストップされた。昨年は記念大会の特別枠で全国大会に出場したが、福岡県トップは自由ケ丘だった。赤池監督は「何十年も守ってきたものを全てなくしてしまった。もう一度、全国大会で『強い大牟田』を取り戻したい」と決意を述べた。

 【男子成績】(1)大牟田2時間4分23秒51(2)自由ケ丘2時間5分38秒36(3)福岡第一2時間7分12秒70

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング