球史に残るヒットメーカーと共通点 「三冠王目指す」西武3位指名の山村

西日本スポーツ 末継 智章

 西武からドラフト3位で指名された山村崇嘉内野手(18)=神奈川・東海大相模高=が2日、相模原市の同校で指名あいさつを受けた。

 「将来的には三冠王を目指す」とぶち上げた高校通算49本塁打の大砲候補生だが、長打力以上に手首の柔らかさを生かした巧みなバットさばきに自信がある。潮崎哲也編成グループディレクターは「ヘッドの使い方が非常にうまく、小さな力で最大限の効果を出す。3割20本は打てる、秋山(レッズ)に近いタイプ」と西武OBのヒットメーカーに例えた。

 三冠王に向けた課題はパワー強化で、入団までに筋力トレーニングや走り込みで体重を3キロ増の88キロまで増やす考え。さらに「ストイックで野球に熱心な山川選手にいろんなことを聞きたい」と昨年まで2年連続で本塁打王になった大砲への弟子入りを志願する。近年のドラフト3位は外崎、源田と大成しており、潮崎ディレクターは「流れに乗ってもらいたい」と期待を寄せた。

(末継智章)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング