西武、戦力外通告した多和田と育成契約へ 相内は引退

西日本スポーツ

 西武は3日、多和田真三郎投手(27)、相内誠投手(26)、藤田航生投手(22)に来季の契約を結ばないことを通告した。

 2018年に16勝を挙げて最多勝に輝いた多和田は、自律神経失調症と診断され、治療に努めていた。一時、契約保留選手となっていたが、7月に支配下選手契約を締結していた。多和田は「野球を続けていくことができればと思っている」とコメント。渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「支配下(選手)として重圧がかかると厳しいと感じた。まずは病気をしっかり治すことが大事。野球を続ける意思があるのでサポートしていきたい」と説明し、育成契約を結ぶとみられる。

 相内は球団が不要不急の外出禁止を定めていた4月に千葉県内でゴルフをするために外出。移動の際に同乗した佐藤が運転する自動車が道路交通法に違反する危険な走行をした。このため両選手は無期限の対外試合出場禁止とユニホーム着用禁止の処分を受けていた。「野球は引退し、新たな道を歩んでいきたい」とコメントした。藤田も現役生活を終えるという。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング