長崎・大崎が初センバツへ大前進、宮崎商103季ぶり4強/秋季九州大会

西日本スポーツ

 来春の選抜大会出場校選考の重要な資料となる高校野球の秋季九州大会(第147回九州大会)は3日、長崎市の長崎県営野球場などで準々決勝があり、大崎(長崎)が延岡学園(宮崎)に3-2で逆転勝ちして選抜大会初出場へ大きく前進した。

 福岡大大濠は具志川商(沖縄)を3-0で破り2016年秋以来の準決勝進出。昨秋覇者の明豊(大分)は終盤の集中打で神村学園(鹿児島)に6-4で逆転勝ち。宮崎商は東明館(佐賀)に9-3で快勝して、優勝した1969年春以来103季ぶりに4強入りした。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング