西武森の送りバントは「彼が考えて自分でやった」辻監督明かす

西日本スポーツ

 ◆西武5-4日本ハム(3日、メットライフドーム)

 西武がシーソーゲームを制し、ロッテと同率2位に浮上した。

 1点を追う6回、日本ハム3番手の堀から先頭栗山が中前打で出塁すると、続く森が捕手前に犠打を決め、スパンジェンバーグの同点左犠飛につなげた。

 辻監督は「森は自分で(バントを)やった。(サインを)出そうかなと思ったときに、彼がそこら辺を考えて。(打席での判断を)任されている中で、ちょっと(相手投手との)分が悪いと思ったんだろうね。バントが一つファウルになって打つのかなと思ったけど、やっぱり送った。次の1点の重みを分かってそういう仕事をしてくれた」と説明した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング