2位浮上西武 守護神・増田「豊田超え」球団新記録の陰に豊田コーチ

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武5-4日本ハム(3日、メットライフドーム)

 右翼手のグラブに打球が収まると、球団史に名を刻んだ西武の守護神は森と喜びを分かち合った。増田が9回を3人で片付け、無敗でリーグトップの33セーブ目。通算136セーブとし、豊田投手コーチの球団記録を塗り替えた。そしてチームは2位浮上。大逆転でのクライマックスシリーズ(CS)進出はすぐそこだ。

 手に汗握るシーソーゲームをきっちり締めくくった。「本塁打も許されない。一つずつアウトを積み重ねていこうと思った」。西川からのクリーンアップも力強い直球で押し込んだ。「僕の前を投げている投手陣がいい流れでつないでくれる。その流れで僕も投げさせてもらっている」と3連投で0を刻んだ森脇、平良らをねぎらった。

 球団記録を持っていた豊田コーチが今年からブルペンを束ねる。セーブ王にも2度輝いたかつての獅子の守護神からは「疲れたときに真ん中に集まっている。そこを工夫するように」と助言を受けた。増田自身も初のセーブ王に突き進む。

 ロッテが敗れ、6月20日以来の2位に浮上した。同率ながら直接対決でロッテに勝ち越しているため、最終勝率で並んだ場合はCS進出が決まる。「残り5試合、全部勝ってCSにいきたい」と増田。まずは4日の日本ハム戦を勝ち、本拠地9連戦を白星で締めくくる。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング