西武、大逆転でCSマジック3 吉田輝を2回KO

西日本スポーツ

 ◆西武10-3日本ハム(4日・メットライフドーム)

 はっきりと目標を視界に捉え、強力打線が目を覚ました。大逆転のクライマックスシリーズ(CS)進出を目指す西武の“獅子脅し打線”が、初回から大爆発。2回までに大量8点を奪い、本拠地最終戦に花を添えた。

 吉田輝に容赦なく襲いかかった。初回、2本の内野安打などで無死一、三塁とチャンス拡大。外崎のフラフラと上がった打球が遊撃と左翼の間に落ちた。「大事な試合なのでまずは先制点と思って打席に入った。いいところにボールが落ちてくれて良かった」と幸運な先制適時打で口火を切ると、一気に攻め立てた。

 無死満塁から中村の押し出し四球、スパンジェンバーグの右前適時打、木村の左犠飛と続き一挙4得点。2回にもスパンジェンバーグの特大15号3ランなどで4点を加えた。助っ人は「手応えは完璧。最高の結果になってくれたよ」と喜んだ。

 久しぶりに胸のすくような猛攻で楽な展開に持ち込んだ。先発のニールも大量援護に助けられ、6回途中を3失点。ブルペン陣に託した。レギュラーシーズン本拠地最後の試合でライオンズファンが沸いた。

 4連勝で今季最大の貯金3。ロッテとは9月14日に最大9ゲーム差をつけられていたが、前日(3日)に同率2位に並び、ロッテが敗れたため、ついに単独2位に立った。CS進出へのマジックナンバー3が点灯だ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング