他の上位勝ったのに…J2北九州が痛恨黒星 ミスから先制許す

西日本スポーツ 松田 達也

 ◆明治安田生命J2第31節 北九州1-2大宮(4日・ミクニワールドスタジアム北九州)

 昇格への道は細く、険しくなってきた。上位3チームがそろって勝利した中、北九州はホームで下位の大宮に痛恨の黒星だ。2位福岡との勝ち点差は12まで広がった。肩を落とす選手の表情から、この日の敗戦の重さがにじみ出た。

 優位に試合を進めていた前半だったが、30分に中盤からのバックパスを相手に拾われ、そのまま先制点につなげられた。小林監督は「前に出て行ければチャンス、という中で失点したのが痛かった」と悔やんだ。

■藤原プロ初弾も…

 前節の金沢戦で今季最多タイの4点を奪い、10試合ぶりの白星。トンネルを抜け出し、反転攻勢を狙っていた。この試合も序盤から連動したパスで攻め込みながら、得点に結びつけられずに苦しんだ。プロ初ゴールを挙げた藤原は「攻撃はもう少し工夫が必要だった」と振り返った。

 後半戦のタフな昇格争いを初めて味わう選手が多いだけに、小林監督は「いい経験をしている」と前向きに受け止める。途中出場で流れを変えた新加入の針谷も「ミスを恐れず、もっと突き詰めてやりたい」と前を向いた。残り11試合。再び昇格圏に浮上するためにはここが踏ん張りどころだ。 (松田達也)

PR

ギラヴァンツ北九州 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング