明豊サヨナラ負け「あと1本が出なかった」快進撃の大崎に15残塁で屈す

西日本スポーツ

 ◆高校野球秋季九州大会 準決勝 大崎3x-2明豊(5日、長崎県営野球場)

 昨秋に続く優勝を目指していた明豊は延長の末に大崎に競り負け4強で姿を消した。

 終盤の強さを発揮し10回に勝ち越したが勢いもそこまで。11安打を放ったが15残塁とつながらなかった。「あと1本が出なかった。粘り負けした」と川崎監督は振り返る。

 5回から登板した太田は7回2/3を投げて11奪三振。守備も3試合連続無失策だっただけに、今後は攻撃が課題になる。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング