西武浜屋4失点で降板 引退試合の渡辺直に二塁打許しムード一変

西日本スポーツ

 ◆楽天-西武(6日、楽天生命パーク宮城)

 クライマックスシリーズ(CS)進出をかけた運命のビジター4連戦の初戦で、西武が苦しい滑り出しを強いられた。

 先発のルーキー浜屋が4回までに3失点。3回2死からこの日が引退試合だった渡辺直に左翼線二塁打を浴びると、球場の雰囲気が変わった。粘られた末に小深田に先制の左前適時打を許し、二走の渡辺直が頭からホームベースに突っ込むと大歓声。鈴木大にも中越え適時二塁打で続かれた。

 「残り試合が少なくなってきた中、CSが懸かった試合に投げさせてもらえるので、勝てるように投げたい」と意気に感じてマウンドに上がっていたが、打線の援護なく6回4失点で降板した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング