決勝スタメンに1年生5人、投手も1年生リレー V逃しても福岡大大濠に収穫

西日本スポーツ

 ◆高校野球秋季九州大会決勝 大崎5-1福岡大大濠(6日、長崎県営野球場)

 大崎(長崎)が大会初優勝した。1年生左腕の勝本晴彦が今大会初先発し、本塁打の1点のみに抑えて完投。打っては11安打で5点を積み上げた。大会結果は来春の選抜高校野球大会の重要な参考資料。この優勝で人口5000人の島から初の甲子園に大きく近づいた。九州地区からは例年通り4校が出場。大崎のほか準優勝の福岡大大濠、4強の明豊(大分)、宮崎商が有力候補となる。

 福岡大大濠は8季ぶりの優勝を逃した。初回に山下恭のソロ本塁打で先制。「何も考えずに打ったが手応えはあった」と高校通算4号、公式戦初アーチを振り返ったが、チームは2回以降は2安打に抑えられ、追加点を奪えなかった。八木監督は「勝本君の球は手元で動いていて、引きつけて打てなかった」と攻略できなかったことを悔しげに振り返った。

 決勝のスタメンは5人が1年生。投手も九州大会初登板の森本から馬場、三塁から回った友納と1年生でリレーした。若いチームだけに伸びしろは十分。八木監督は「この経験を生かして練習していきたい」と来春までに投打にレベルアップを目指す。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング