残り3試合で横一線 再びロッテに並ばれた西武辻監督「望むところだ」

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆楽天4-2西武(6日、楽天生命パーク宮城)

 クライマックスシリーズ(CS)に向けて、前に進むことができなかった。9回2死から中村の適時打で2点差まで迫ったが、岸に完投負け。試合のなかったロッテに再び同率2位で並ばれた。

 かつての同僚、渡辺直の引退試合に花を添えてしまった。3回2死。そこまで無安打投球の浜屋が渡辺直に左翼線二塁打を浴びると、敵地のボルテージが上がった。浜屋は「ファンの声援が大きく、ちょっと嫌な感じがあった」と振り返る。小深田、鈴木大に連続適時打を許し、2失点。それでも大崩れせず大一番で6回4失点と粘ったが、ルーキー左腕を援護するはずの打線が振るわなかった。

 ロッテとともに残り3試合。CS争いは横一線で並んだ。一時は最大9ゲーム差をつけられながら大逆転で単独2位に浮上し、再び同率2位に戻った。最終成績で並べば今季対戦成績で勝ち越している西武がCSへ進出する。直接対決は残り1試合。辻監督は勝つことしか考えていない。

 「望むところだ。状況は一緒だから。これで全く並んだ状態だから残り3試合が今年の総決算で踏ん張りどころ。選手たちも頑張ってくれると信じて、負けないで戦う」

 8日の敵地での直接対決を前に、まず7日の楽天戦を全力で取りにいく。先発は今井。指揮官は「投手を全員使ってでもという気持ちでいる。(今井は)いけるところまでいってくれれば」。最後の最後に笑うために、正真正銘の総力戦が始まる。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング