古豪・修猷館「圧力に…」43大会ぶり花園にあと一歩

西日本スポーツ

 ◆第100回全国高校ラグビー大会福岡県大会第2地区決勝 筑紫31―10修猷館(7日、福岡・博多の森陸上競技場)

 43大会ぶりの「花園」を目指した修猷館は前半に許した4トライが響いた。硬さもありミスにもつけ込まれ、合同主将の一人、岩崎寛司(3年)は「相手の圧力に自分たちのラグビーができなかった」と肩を落とした。後半は互いに1トライずつながら押し気味だっただけに、もう一人の合同主将、横光翔太(同)は「悔しい」。それでも「昨年よりは花園に近づいた。後輩たちに頑張ってもらいたい」と託した。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング