5大会ぶり花園切符の筑紫 宿敵ヒガシへの出稽古で鍛えた球際の強さ

西日本スポーツ 前田 泰子

 第100回全国高校ラグビー大会(12月27日開幕、大阪府東大阪市・花園ラグビー場)の福岡県大会第1、2地区の決勝が7日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われた。第1地区は東福岡が東海大福岡に99-0で圧勝。15トライを奪い、21大会連続31度目の本大会出場権を得た。決勝での99得点は2017年度の東福岡が記録した94得点を上回り、大会史上最多。第2地区は筑紫が31-10で修猷館に完勝し、5大会ぶり6度目の本大会への出場切符をつかんだ。今回は第100回の記念大会として例年より12校多い63校が出場予定。福岡、愛知、埼玉は出場枠が一つ増え、2校が出場する。

 筑紫は前半の攻防で試合を決めた。4分に先制トライなど4トライ。激しい防御でゴールラインを割らせず主導権を握った。後半は自陣に押し込まれたが、振り切った。長木裕監督は「前半はすごく良かった。この一週間、戦うことにこだわって練習してきたのが生きた」と、5大会ぶりの花園切符をたぐり寄せた選手をたたえた。

 コロナ禍で県外の遠征合宿ができなくなったが、長年花園出場を阻まれてきたライバルが助けになった。東福岡の藤田監督から誘われ、月に2回、東福岡との合同練習や練習試合を行った。全国トップの強豪校と直接ぶつかり合うことで「スピードやコンタクトにも慣れてきて自信も出てきた」と長木監督は選手の成長を実感する。

 「花園に行くのは俺ら2校以外にない」と両チームで言い合い、その約束を果たした。「今年は花園で東福岡を倒したい」とゲームキャプテンの中洲颯太(3年)は力を込めた。上位進出を果たし、友情で結ばれたライバルと夢の舞台で対戦する日を楽しみにレベルアップを図る。 (前田泰子)

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング