ソフトバンク9日最終戦にムーア&石川 CS見据え工藤監督「調整登板」

西日本スポーツ

 工藤監督が7日、シーズン最終戦となる9日の西武戦(ペイペイドーム)に、ムーアと石川を登板させることを明言した。14日に開幕するクライマックスシリーズ(CS)前最後の対外試合となるだけに、5日のロッテ戦後には「9日の試合は調整登板になる」と、説明していた。10月29日のロッテ戦から中10日での登板となるムーアが先発予定。ここまで先発で10勝を挙げている石川が2番手で登板し、ともに2~3イニングずつを投じる見込みだ。

 7日は、この2投手に加え和田、東浜、千賀、バンデンハークが参加し本拠地で先発投手練習が行われた。CSの相手はまだ決まっていないが、練習を見守った工藤監督は「おととい(5日)までロッテとやってたし、西武とも9日にやる。イメージは持ちやすいと思う。どっちでも対応できるようにしていきたい」と、CS突破に強い自信をのぞかせていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ