大一番でミスミス…西武終戦、2点リードから逆転負け 

西日本スポーツ

 ◆ロッテ8-2西武(8日、ZOZOマリン)

 西武が大一番で痛恨の逆転負けを喫し、クライマックスシリーズ(CS)進出の望みが完全に消えた。

 2回無死一、二塁からスパンジェンバーグの適時打で先制。さらに1死二、三塁から呉念庭もタイムリーで1点を加えた。

 ところが先発の松本が踏ん張れない。3回にスパンジェンバーグのエラーも絡んで2点を許し、追い付かれた。4回には藤岡にソロを浴びて勝ち越され、続く田村に四球を与えたところで2番手ギャレットと交代した。

 6回もミスが失点につながった。2死一、二塁から、荻野の一、二塁間の当たりを呉念庭がつかみ、一塁ベースカバーの平井に送球したがセーフの判定。直後、平井の本塁送球も乱れ、一気に2人の走者が生還した(記録は内野安打と投失)。さらに藤原にも左中間への適時二塁打を許して1点。8回にも2点を加えられて万事休した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング