「49で終わりたくない」ソフトバンク周東、球団9年ぶり大台へ意欲

西日本スポーツ

 ソフトバンクの周東佑京内野手(24)が8日、タマスタ筑後での全体練習後に取材に応じ、チームでは9年ぶりとなる、シーズン50盗塁到達へ強い意欲を示した。

 レギュラーシーズンは9日の西武戦(ペイペイドーム)が最終戦。現在49個で初タイトルとなる盗塁王も濃厚としている韋駄天(いだてん)は「あと一つなので。49と50で終わるのでは違う。49で終わりたくない。50で」と言い切った。

 今季は夏場にレギュラーに定着。10月には13試合連続で盗塁をマークして日米最長記録を樹立した。メモリアルとなったシーズンを、2011年の本多(現内野守備走塁コーチ)以来となる50盗塁の大台でより一層彩る決意だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ