西武、CS完全消滅 明暗分けた6回の攻防「力不足」辻監督

西日本スポーツ

 ◆ロッテ8-2西武(8日、ZOZOマリン)

 西武がロッテとの直接対決に敗れ、クライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消滅し、3位が確定した。

 勝負を分けたのは6回の攻防だった。1点を追う西武は1死満塁のチャンスをつくったが、経験の浅い愛斗呉念庭が連続三振に倒れた。その裏守備の乱れもあり、3点を失い、体勢が決した。

 辻監督は「あの6回に1点でも取っておけばというところ。まだまだ若い選手にとって力不足というか、しっかり仕事ができれば良かった。打線的にも木村は(負傷が)あったし、4番を打っていた山川もいない。そういう中で粘ってくれたとは思うけど」と振り返った。

 西武にとっては若手の台頭が不可欠。指揮官は「いろんな選手が上で経験した中で、自分が何が足りないかを感じてほしい。1軍でしびれるようなところで結果を出すためには日ごろから緊張した中でやらないといけないし、そうしなきゃ1軍で飯は食えない」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング