ソフトバンク柳田が初の最多安打「ご褒美かな」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク6-2西武(9日、ペイペイドーム)

 自身2年ぶりのタイトルとなる初の最多安打に輝いた柳田が、貴重な一発で自らを祝った。

 松田宣の一発で同点に追いついた3回、なお2死三塁の好機で、斉藤大の初球スライダーを振り抜くと打球は左翼席へ着弾。「丁寧に打ちにいった結果がいい結果になってくれました」。今季146本目の安打となった勝ち越しの29号2ランが決勝弾となった。

 2位のオリックス吉田正との差は3本だった。首位打者、最高出塁率に輝いた2018年以来となるタイトル獲得に「(最多安打は)初めてなので、そこはうれしい。(シーズン)最後まで試合に出られたので、そのご褒美かなと思います。また来年、頑張りたい」と喜びを語った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ