初日DR坪井大金星 開設67周年 【福岡】

西日本スポーツ

 福岡ボートのG1開設67周年記念「福岡チャンピオンカップ」が9日、開幕した。初日12Rのドリーム第1弾「チャンピオンドリーム」は、坪井康晴が5コースからまくり差して大金星。本体整備で大幅な上積みに成功しているとあってがぜん目が離せない存在に。吉川元浩も好気配で勝ち上がりに不安はないが、篠崎仁志、桐生順平はイマイチで立て直しが急がれる。予選組では高野哲史、森野正弘、田中和也の超抜機トリオが光る動きでシリーズをけん引しそうなムード。2日目12Rはドリーム第2弾「ペラ坊ドリーム」。直前の桐生周年を制して波に乗る1号艇・毒島誠が、初日連勝の寺田祥、地元エース瓜生正義ら強敵を相手に完封劇を披露する。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング