引退藤川に同学年の和田「なんでやめるんだろう」

西日本スポーツ

 今季限りで引退する阪神の藤川球児投手(40)が10日に甲子園で行われた巨人戦でプロ選手として最後の登板に臨み、現役生活に幕を下ろした。同学年のソフトバンク和田毅投手(39)は球団を通じ以下のコメントを寄せた。

        

 最後の投球を見ました。画面を通じても、心から野球を楽しんでいるのが伝わりました。これまではチームを背負って投げてきて、マウンドで笑顔になることはなかったと思うんですが、きょうだけは楽しませてくれと言っているように感じましたね。

 球場全体のファンの皆さん、両チームの全員がこの舞台を盛り上げているのを感じて、やっぱりすごいことを積み上げてきた選手なんだなと。これまでも各地で球児の引退を盛り上げていましたし、こういうことはメジャーでしか見たことがないのでそれにもすごいなと思っていました。

 きょうの投球はすごいの一言。あの真っすぐが投げられて、なんでやめるんだろうと思いますが、やれる、やれないじゃなく、本人がやめるとけじめをつけたのがきょうだったんだなと。うれしそうに投げるのを見て感動しました。

 僕も改めて、悔いなく残りの野球人生を精いっぱい生きて、最後に笑顔で投げられるマウンドを用意してもらえる選手になりたいなと思いました。本当にお疲れさまでしたと伝えたいです。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ