【クローズアップ】森野固め打ち狙う 【福岡】

西日本スポーツ 深堀 慎一郎

 中間着でまとめている森野正弘(35)=山口=が、3日目を前に気合を再注入。「せっかくいいエンジンなので、ぜひとも頑張って4日目の戦いに余裕を持たせたい」。帰郷者が出たことで予選の出走が5回から6回に変わり、3日目で当確とまではいかなくなったが、格好の中枠2走。4日目には、巡ってくることが当初は期待薄だった1枠も待つ。3日目に固め打ちできれば、上位で予選突破の期待が膨らむ。

 そのためのエンジンの裏付けは十分。福岡の看板機の30番。ただ2日目は「回転を上げたらパンチ力が落ちた」とやや不満。そのことで腹は決まった。「伸び型のいいエンジンの良さを失っても…と思うので、回転を抑え気味にして伸びを重視したい」。その方が固め打ちの確率も高まる。

 3連勝と既に固め打ちの先輩の寺田祥とは、前節の桐生周年の移動日からずっと一緒。「グランプリ2nd入りが懸かる寺田さんとこれだけの時間を過ごせるなんて…。今までにない機会で、本当にいい勉強になっている」。先日は今村豊さんが引退。支部の伝統を引き継ぐ、寺田より下の世代としての責任感は増す一方。「同世代もその思いは強いはずで、柳生泰二さんも先月はまるがめ周年で優出。自分も来年にはSG出場を目指せるようになっていたい」。新年へとつながる実りの秋にしてみせる。 (深堀慎一郎)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング