ソフトバンクが二刀流候補と入団合意 育成18歳にスカウト「投げっぷりいい」「3割20本打つ」

西日本スポーツ 片岡 寛

 福岡ソフトバンクから育成ドラフト3位で指名された鹿児島・神村学園高の桑原秀侍投手(18)が10日、鹿児島県いちき串木野市の同校で岩井隆之、宮田善久の両スカウトから指名あいさつを受けた。

 岩井スカウトは「投げっぷりがいい。将来的に森唯斗投手のような度胸で投げる抑えをやってほしい」とした上で「打撃も優れたものがある。3割20本を打つ内野手になれる」と野手としての才能も評価した。

 ユニホームに袖を通した桑原は「これからは自分次第で結果が出る。体力面を鍛えてプロで通用するよう頑張りたい」と決意を新たにした。その後、鹿児島市内のホテルで入団交渉し、支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)で合意に達した。 (片岡寛)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ