CS初登板へアピールの152キロ ソフトバンク杉山「いい感じで」

西日本スポーツ

 プロ2年目のソフトバンク杉山が11日、クライマックスシリーズ(CS)初登板に向けてアピールした。

 ペイペイドームで行われた紅白戦で、白組で先発した。最速152キロの直球を主体に2回を投げて被安打1、無失点の好投を見せた。柳田、デスパイネなどから計4三振を奪った。実戦登板は10月25日の西武戦以来。「登板間隔がだいぶ空いていたので不安は少しありましたが、その中でもいい感じで投げられました。(今後も)CSで投げられるように準備して、アピールしたいです」と気を引き締め直した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ