「自分が入って…」複雑胸中を告白 J2福岡・重広が感慨の“復帰戦”

西日本スポーツ

 J2アビスパ福岡の重広卓也(25)が12日、約3カ月ぶりの“復帰戦”を感慨深く振り返った。11日の琉球戦に先発出場し、7月29日の愛媛戦以来となるホームゲームのピッチに立った。「ホームで試合に出て、やっぱり復帰したな、という気になった」と喜んだ。

 右すねの疲労骨折による長期離脱を経て、4日のアウェー水戸戦で戦列に戻ってきた。同戦は45分の出場ながら、琉球戦はフル出場でボランチの一角として躍動。「まだまだかなと感じる部分はあったが、90分間できたことはプラス」と手応えも口にした。

 自らの離脱中にチームはJ1昇格圏に浮上。「早く貢献したいという思いと、自分が入ってやれるのか、という不安はあった」と複雑な胸中だったことを明かした。琉球戦の快勝に貢献したことで「自信になった」と気持ちは晴れた。

 15日には中3日でアウェー山口戦が控える。「早く試合勘を取り戻し、得点に絡むプレーをしたい」。遅れてきた男は、残り9試合でのフル回転を誓った。(松田達也)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング