負傷抱える元大関琴奨菊4敗目…十両でも苦闘続く

西日本スポーツ

 ◆大相撲11月場所5日目(12日、東京・両国国技館)

 元大関で西十両3枚目から再起を目指す琴奨菊(福岡県柳川市出身)は、錦木に突き落とされて1勝4敗。土俵上に戻る際には時間をかけ、花道で付け人の肩を借りるなど、先場所苦しんだ左ふくらはぎ負傷の影響をうかがわせた。

 15年余の在位を誇った幕内から転落しても「勝てば幕内に上がれる。やり残しなく、納得して終わりたい」と現役を続行した琴奨菊。リモート取材には対応せず、国技館を後にした。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング