パCS初戦はソフトバンク千賀、ロッテ美馬が先発 両監督明かす

西日本スポーツ

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)が14日、ペイペイドームで始まる。3年ぶりにリーグ優勝を果たしたソフトバンクに、4年ぶりのCSで下克上を狙うロッテが挑む。

 両チームは13日、ペイペイドームで調整。記者会見で初戦の予告先発についてソフトバンク・工藤監督は千賀、ロッテ・井口監督は美馬と明かした。

 千賀は今季最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3冠。ロッテ戦は3試合に登板し2勝1敗、防御率2・42だった。美馬は今季チーム最多の10勝。ソフトバンク戦は7試合に登板し5勝1敗、防御率2・70だった。

 工藤監督は「ホークスのエースでもあるし、今季3冠を取るなど素晴らしいピッチングをしてくれた。できれば最後までいってほしい」と、井口監督は「移籍1年目にしてしっかりローテーションを守ってくれた。ホークス戦でもいいピッチングをしている。初戦、いい投球をして流れを作ってほしい」と、それぞれ先発投手への期待を述べた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ